研究室

生物薬剤学[研究者の方向け]

主な研究テーマ

当研究室では薬物投与の最適化を目指して、薬物の有効性・安全性を高める投与剤形の開発、投与計画の設定に関する研究を行っている。

  1. 薬物の体内動態の解析:
    生理活性を有する薬物を医薬品として開発する際、その体内動態の解析は必須である。当教室では主にラットを用いて各種薬物の体内動態の解析を行っている。
  2. 新しい薬物投与剤形 (DDS) の開発:
    薬物が薬理効果を発揮するためには、その薬物の作用部位に必要な濃度が得られなければならない。1)の検討の結果、バイオアベイラビリティが不十分であるなど、体内動態の欠点が見つかれば、その原因を解析し、改善手段を見出して適用する。それらに関連して、種々の研究テーマを展開中である。

    (1)薬物の消化管吸収制御因子の解析とその結果に基づく経口投与製剤の改善
    (溶解性、安定性、粘膜透過性、消化管滞留性の最適化)
    (2)薬物の新投与経路の開発と評価(皮膚、鼻粘膜、大腸粘膜)
    (3)抗がん剤内封ナノ粒子製剤の腫瘍組織への到達性改善による抗腫瘍効果の増強
    (4)薬物吸収の速度論的解析と予測
    (5)薬物の体内消失過程の速度論的解析

uid000006_2010071213172200a16fc9

最近の主な発表論文

  1. Effect of adrenergic stimulation on drug absorption via passive diffusion in Caco-2 cells. T. Kimoto, M. Takanashi, H. Mukai, K. Ogawara, T. Kimura and K. Higaki Int. J. Pharm., 368(1-2), 31-36 (2009)
  2. Novel oral absorption system containing polyamines and bile salts enhances drug transport via both transcellular and paracellular pathways across Caco-2 cell monolayers. F. Mukaizawa, K. Taniguchi, M. Miyake, K. Ogawara, M. Odomi, K. Higaki and T. Kimura Int. J. Pharm., 367(1-2), 103-108 (2009)
  3. In Vivo Anti-Tumor Effect of PEG Liposomal Doxorubicin (DOX) in DOX-Resistant Tumor-Bearing Mice: Involvement of Cytotoxic Effect on Vascular Endothelial Cells. K. Ogawara, K. Un, K. Tanaka, K. Higaki and T. Kimura J. Controlled Rel., 133(1), 4-10 (2009)
  4. Quantitative Evaluation of PEPT1 Contribution to Oral Absorption of Cephalexin in Rats. T. Hironaka, S. Itokawa, K. Ogawara, K. Higaki and T. Kimura Pharm. Res., 26(1), 40-50 (2009)
  5. Determinants for in-vivo anti-tumor effects of PEG liposomal doxorubicin: Importance of vascular permeability within tumors. K. Ogawara. K. Un, K. Minato, K. Tanaka, K. Higaki and T. Kimura Int. J. Pharm., 359, 234-240 (2008)

教員紹介

uid000006_201007121317262b12bb36
檜垣 和孝 教授
Kazutaka HIGAKI
専門分野 生物薬剤学、消化管吸収、肝•腎消失動態解析
所属学会 日本薬物動態学会、日本薬剤学会、日本DDS学会、日本薬学会、創剤フォーラム、Controlled Release Society (CRS)、American Association of Pharmaceutical Scientists (AAPS)、International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX)
uid000006_2010071213172940f30426
大河原 賢一 准教授
Ken-ichi OGAWARA
専門分野 薬剤学、ドラッグデリバリーシステム(DDS)
所属学会 日本薬学会、日本薬剤学会、日本DDS学会、日本薬物動態学会

ホームページへのリンク

研究室ホームページ

ページトップ