• ホーム
  • 薬学部臨床系教員が中心となり執筆した救急薬学書籍が出版されました

薬学部臨床系教員が中心となり執筆した救急薬学書籍が出版されました

救急薬学 ―薬のプロとしての資質とその在り方 Vol.1―

 
監修:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 榎本秀一教授、名倉弘哲教授

共著:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 座間味義人助教、小山敏広助教、白石奈緒子助教
         日本大学医学部附属板橋病院薬剤部 今井徹
         株式会社ファレッジ代表取締役 深井良祐

■内容紹介■syoseki
救急医療の現場で、薬剤師が遭遇するであろう症例から、病態と薬物治療を理解し基礎薬学と応用薬学を駆使しながら、種々の臨床問題を解決に導くように構成した。臨床に論理的にアプローチするハイレベルな臨床系教科書となっている。
http://pharm.okayama-u.ac.jp/lab/
kyukyu/farumasia.jpg

■京都廣川書店■
http://www.kyoto-hirokawa.co.jp/info/detail.php?id=14272778625

(掲載日:2015年7月30日)
(お問い合わせ:救急薬学分野 座間味義人)

 

 

ページトップ