• ホーム
  • What's New
  • 研究
  • 大学院博士前期課程の松元享平さんが「日本社会薬学会SP賞(Social Pharmacy賞)」を受賞(日本社会薬学会第36年会)

大学院博士前期課程の松元享平さんが「日本社会薬学会SP賞(Social Pharmacy賞)」を受賞(日本社会薬学会第36年会)

日本社会薬学会第36年会(平成29924日大阪開催)にて、大学院博士前期課程の松元享平さんが「日本社会薬学会SP賞(Social Pharmacy賞)」を受賞しました。

発表演題:熊本地震にて支援にあたった薬剤師が抱えた問題点に関する質的研究
発表者:松元享平、小比賀美香子、大谷尚、名倉弘哲
研究内容:20164月に発生した熊本地震の際、全国から医療支援にあたった薬剤師が被災地で多くの困難に直面し、どのように問題を解決したか、SCAT法を用いた質的研究にて理論構築しました。

賞状(松元さん薬学会SP賞)

掲載日:2017年10月6日)
(お問い合わせ:救急薬学分野 名倉 弘哲)

ページトップ