薬学科4年生の中西里佳さんが優秀演題賞を受賞(第25回医療薬学会)

平成27年11月21~23日、第25回日本医療薬学会年会(横浜)が開催されました。本年会において事前審査を経て行われた優秀演題選考セッション(口頭発表)において『優秀演題賞』を薬学科4年の中西里佳さんが受賞しました。研究タイトルは「ヒト血漿中および乳汁中のデクスメデトミジン濃度測定法の開発とその臨床応用」で、LC-MSMSを用いた血漿、乳汁中デクスメデトミジン測定法を開発し、帝王切開症手術症例にデクスメデトミジンを使用した際、乳汁中に移行することを見出しました。その消失は速やかであり、投与終了24時間には児に初乳を与えることができるという研究内容です。

suno

(掲載日:2015年11月24日)
(お問い合わせ:医療教育統合開発センター(薬学教育部門)須野 学)

ページトップ