研究プロジェクト

分子イメージング研究拠点

分子イメージングってなに?

わたしたちのからだに存在する様々な分子の動きや振る舞いが、実際にどうなっているのかという興味は、生命科学研究者だけでなく、皆さんが知りたい大きな関心事です。まして、くすりが体に入ってどうなるのか?どうして病気にかかり、なぜその治療に特別なくすりが選ばれるのか、知りたいことはたくさんありますし、それを目で見えるようにできたらどんなにいいかと思うのは、科学的探求心を持つ人の当たり前な感覚です。

分子イメージングとは、これまで目で見えなかった体の中での分子の動きを見えるようにする手法です。私たちの体に対するダメージを最小限に抑えて、生きたまま体内の様子を経時的に観察できるのが特徴です。見るためのツールとして、「分子イメージングプローブ」と呼ばれる化合物(薬剤)を用います。

分子イメージング技術の医学、薬学での役割は?

最近、分子イメージング技術が革新的に進み、その分野の研究が医学や薬学分野で大変に脚光を浴びています。岡山大学でも積極的に先駆的な取り組みがなされており、岡山大学の医学部、歯学部および薬学部とその大学院医歯薬学総合研究科では、おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)という組織を立ちあげ、ここでは、医学、歯学および薬学の研究者が、新しいくすりの開発研究と製品化のスピードアップをはかり、患者さんに一刻も早く、くすりを使えるようにする取り組みが行われています。これらの研究により、くすりの候補となる化合物から医薬品になるまでの時間の短縮や開発コストの低価格化、新たな疾病診断、治療法の開発にとどまらず、生命科学研究全体の発展につながる重要な研究分野となっていくことが予測されています。この分野は、薬学部出身者が臨床に従事する医師、医学研究者などと薬学の基盤知識の上にコラボする重要な分野になっていきます。まさに、薬学出身者の活躍の舞台です。

uid000006_20100714220455809d1873

OMICとは?

uid000006_20100714220601a00e904d岡山大学、岡山県と企業の産学官連携グループが、がん診断、治療薬や生活習慣病診断、治療薬の研究開発に取り組む組織で、岡山大学医療系キャンパスに設置されます。このOMICでは、最先端の分子イメージング機器や分析機器を導入し、創薬候補物質のマイクロドーズ試験新薬候補化合物から最も望ましい化合物を早期に選択するために、極めて微量の化合物をヒトに単回投与する臨床試験のことです。近年、PETを用いた分子イメージング技術と併せて活用することで、新薬の開発初期において候補化合物の有効性・安全性を効率よく評価し、コストの削減や効率的な新薬開発に繋がる創薬プロセスとして注目されています。など臨床治験を含めた研究が推進され、世界から注目される分子イメージング研究拠点を目指しています。2011年春までにはこの研究プロジェクトが本格稼働します。OMICでは、がんや生活習慣病を調べるため、「分子イメージング」、新薬のモデルや薬剤を患部まで効率的に運ぶ「ドラッグデリバリーシステム」など、岡山大学が持つ医療技術を融合します。

uid000006_201007142206414298a15c

ページトップ