生体分子イメージング技術習得のための 分子イメージング教育コース

生体分子イメージングとは?

わたしたちのからだに存在する様々な分子の動きや振る舞いが、実際にどうなっているのかという興味は、生命科学研究者だけでなく、皆さんが知りたい大きな関心事です。「くすりが体に入ってどうなるのか?」、「どうして病気にかかり、なぜその治療に特別なくすりが選ばれるのか?」など、知りたいことはたくさんありますし、それを目で見えるようにできたらどんなにいいかと思うのは、科学的探求心を持つ人の当たり前な感覚です。  生体分子イメージングとは、これまで目で見えなかったからだの中での分子(くすり)の動きを見えるようにする手法です。わたしたちのからだに対するダメージを最小限に抑えて、生きたまま体内の様子をリアルタイムに観察できるのが特徴です。見るためのツールとして、「分子イメージングプローブ」と呼ばれる化合物(くすり)を用います。このような新しい教育・研究分野の中心的活躍の場が薬学部にあります。

生体分子イメージング技術の医学、薬学での役割は?

最近、生体分子イメージング技術が革新的に進み、その分野の研究が医学や薬学分野で大変に脚光を浴びています。これらの研究は、くすりの候補となる化合物から医薬品になるまでの時間の短縮や開発コストの低価格化、新たな疾病診断、治療法の開発にとどまらず、生命科学研究全体の発展につながる重要な成果を生み出すことができます。生体分子イメージング研究では、光、放射線、核磁気共鳴など、様々な信号を用いて生体内の分子の様子を可視化しますが、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科には、小動物用PET、中動物用PET/CT(臨床機)、小動物用SPECT/CT、小動物用MRI、蛍光イメージング装置、ベビーサイクロトロン、ホットラボ施設などの最先端機器が整備されており、小動物からヒトまでの一気通貫の創薬研究が可能となっています。大学院の教育課程でも、生体分子イメージング技術習得のための分子イメージング教育コースが設けられており、専門知識を有する技術者や研究者を養成するための教育が実施されています。

岡山大学医歯薬学総合研究科に導入されている小動物用イメージング機器

小動物用SPECT/CT
小動物用SPECT/CT

小動物用PET
小動物用PET

小動物用MRI
小動物用MRI
TOP