大学院

理念(博士前期・後期課程)

医歯薬学総合研究科(博士前期・博士後期課程)

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(博士前期・後期課程)は,学部4年制課程を修了し,サイエンスを基盤とする「創薬」のプロフェッショナルを目指す研究者を育成するための高度教育・研究機関です。薬学を究めたスタッフが,全力で教育・研究への情熱を注ぎ,「創薬」という夢への挑戦をサポートします。社会の膨れ上がる「創薬」への期待に的確に答えるためには,本研究科での学びが礎となると確信しています。

本研究科では,以下に示した3つの方針(ポリシー)に基づき,それぞれの理念と目的に対応した教育・研究活動を行います。

アドミッションポリシー

大学院医歯薬学総合研究科(薬学系)では、次のような学生を求める。

  1. 最先端の研究動向を把握し,地域から国際社会まで幅広く普遍的に貢献する研究を志す人
  2. 医・歯・薬学の専門的知識を統合した学際的研究を志す人
  3. 世界をリードする先端的・独創的研究を推進し,研究成果を発信する人
  4. 高度で幅広い知識を習得し,科学の進歩に適応しうる問題解決能力を涵養する人

ディプロマポリシー

  • 目的に連結した専門性
    薬学に関する幅広い専門知識と技能を身につけている。
  • 情報収集・活用力
    薬学に関連する幅広い領域の情報を自ら適切に収集・分析し,適切に活用・情報発信できる。
  • 社会をリードする行動力
    薬学のグローバル化に対応した国際感覚やコミュニケーション能力を有し,社会をリードする行動ができる。
  • 社会での自己実現力
    薬学の発展に寄与するため,生涯に亘って自己の成長を追求し,高い学習意欲を持ち続け研鑽を積むことができる。

カリキュラムポリシー

  • 「目的達成に連結する専門性」の修得のために,薬学の専門的知識と技能を結集した学際的研究・教育を提供する。
  • 「情報収集・活用力」の獲得のために,薬学の進歩に適応しうる問題解決能力および高度で幅広い知識を提供する。
  • 「社会をリードする行動力」や「社会での自己実現力」の涵養のために,世界をリードする薬学分野での先端的・独創的研究を実施する。

ページトップ