学部生

薬学部って面白い

中西里佐創薬科学科3年 中西 里佐

薬学部は授業科目がとても多く、2年次になると専門性の高い授業が少しずつ増えていきます。そのため、勉強が大変だな、授業が難しいなと感じることも増えていきます。しかし、今学んでいることが将来の創薬研究につながると思うと、もっと頑張ろうという気持ちになれます。また、授業の内容を理解していくうちに、自分の中で薬学への知識や興味がどんどん深まっていると実感でき、より薬学が面白いと思うことができます。
3年次からは実習が始まり、後期には研究室に配属されます。今まで学んだ知識をそこで活かせればいいなと思うので、これからも薬学について興味を持ちながら学んでいきたいです。

研究室での活動

鳥井 怜冶創薬科学科4年 鳥井 怜冶

3年次の基礎実習では先生方のご指導の下、グループで実験を行い、これまでに講義で学習した知識を活かして得られた結果について論理的に考察します。自分一人ではなく、グループで考えを共有したり先生方から助言を頂いたりすることで新たな発想につながることも多く、薬学分野に対する興味がより一層増しました。3年次の4学期からは研究室に配属され、自らの研究活動に加え、論文セミナーなどが行われます。論文セミナーでは新たな知識が得られるほか、発表する力や質疑応答に対応する力が身につきます。研究活動は専門的で不安に感じる時もありますが、薬学分野の発展に貢献できるよう、これからも高い志を持って研究に励んでいきたいです。

学んできたことを活かす

橋田 真穂薬学科 5年 橋田 真穂

薬学科5年次では、主に卒業研究実習と薬局・病院実務実習を行います。この両方が、これまでの4年間で学んできたことのアウトプットの機会だと思います。卒業研究実習は、低学年で学んだ基礎知識を土台にし、誰も知らない問いに挑戦していける楽しさを感じます。薬局・病院実務実習は、今まで学んだ薬の知識や患者さんの応対などの臨床的知識を、実際の現場を観ながら応用していける素晴らしい機会だと思います。地道に身につけてきた知識が実際に役に立つ感覚が得られて、これまで頑張ってきてよかったと思える瞬間が多いです。5年次はやるべきことがとても多いですが、その分充実している学年だと思います。

「基礎」も「臨床」も深く学ぶ

國島 勇太薬学科6年 國島 勇太

薬学科というと「臨床」のイメージが強いかもしれませんが、基礎研究に取り組む環境も整っています。私は、卒業研究実習として、生体内での物質輸送を担うトランスポーター(膜輸送体)の機能や局在の解明を目指した基礎研究を行っています。現在研究対象としている分子はある疾患の発症との関連が示唆されているため、その詳細な機能がわかれば、新たな創薬標的の発見につながるのではないかと期待しています。薬学部の魅力は、基礎と臨床の両方を深く学べるところです。研究活動や薬局・病院実務実習を通して培ってきた基礎と臨床という2つの視点を生かし、医療に貢献したいと考えています。

大学院生

光で薬物放出を制御

恒石 泰地大学院博士前期課程1年 恒石 泰地

薬物を狙った場所に、狙った時間で届けることは薬物治療において大きな目標とされています。この目標を達成するため、薬物送達システム(DDS)の開発、特にリポソームなどを用いたナノDDSが注目を集めており、研究が盛んに行われています。しかし、狙った時間かつ狙った場所での薬物放出を達成するにはまだ遠いというのが現状です。現在私は、光を受容してプロトンを輸送する膜タンパク質「プロトンポンプロドプシン」と酸性環境で崩壊する「pH感受性リポソーム」を組み合わせた、「光」で崩壊し薬物を放出するリポソームの開発を目指しています。研究活動は苦難の連続ですが、自分が成長するチャンスとして、日々邁進しています。

がん幹細胞の新規治療法開発を目指して

瀬口 実穂大学院博士前期課程1年 瀬口 実穂

がんは手術や化学療法、放射線療法を駆使しても根治することが極めて難しい疾患であり、その治療抵抗性の原因として近年注目されているのが「がん幹細胞仮説」です。抗がん剤や放射線に対して抵抗性を示すがん幹細胞が、がんの再発・転移の原因になっていると考えられています。そこで私は、がん幹細胞を標的とした新規治療法開発のため、がん幹細胞モデル細胞の樹立を目指しています。がんで苦しむ患者さんを減らせるように努力していきたいと思います!悪戦苦闘の毎日ですが、仲間と切磋琢磨しながら過ごすことのできる研究室生活は、自分を成長させてくれるかけがえのない時間だと感じます。

脳疾患の新薬開発に向かって

栢谷 祥一大学院博士前期課程2年 栢谷 祥一

私は、てんかんに対する新薬開発を目標として研究に取り組んでいます。てんかんとは脳疾患の一種で、脳の神経細胞が過剰に興奮することでてんかん発作が現れます。そこで私は、この神経細胞の興奮に関わるイオンチャネルに着目し、てんかん治療薬の開発を目指しています。研究とは、仮説、検証の繰り返しです。つまり、研究を進めるには、計画を立てることが重要になってきます。もちろん失敗することもあります。しかし、同じ失敗を繰り返さないように意識することで、自分の成長につながります。研究室生活を通して、私は成長することができました。研究室は、人間として成長する場でもあると思います。

新たな創薬標的を求めて

小中 潤一大学院博士後期課程1年 小中 潤一

神経細胞がシナプス間隙に放出した神経伝達物質は、適切なトランスポーターによって神経細胞内に再回収されます。コリントランスポーター (CHT1) は高いコリン輸送活性を示し、シナプス間隙においてアセチルコリンの分解で生じるコリンの再回収をその機能とすると考えられています。しかし、神経細胞内での局在や挙動が他の神経伝達物質トランスポーターと異なっていることから、私はこのトランスポーターに別の機能があるのではないかと推測しました。現在私はCHT1の新たな輸送機能の探索を目標として研究を進めています。こうしたトランスポーターの未知の機能の解明が新たな創薬標的の発見につながることを期待しています。

「研究活動+α」で理想の自分へ

飯島 悠太大学院博士後期課程1年 飯島 悠太

大学院生は学校で何をしているのか、皆さんは想像できますか?それは「研究活動」です。研究活動と一言で言っても専門的な知識・技術を養う、実験により仮説を実証する、得られた成果を発信するなど、その活動は多岐に渡ります。研究には様々な目的がありますが、私は未知の生命現象を解き明かし、その機構に基づいた新たな診断法や治療薬の開発を目指しています。こうした活動を通じて学術や社会の発展に貢献するとともに、論理的思考力や発想力、コミュニケーション能力など研究者として必要なスキルを磨いています。さらに資格試験の勉強や筋トレなど、興味関心のある様々なことにチャレンジし、ストイックに「理想の自分」を追求しています。

治療法解明を目指して

谷口 理香子大学院博士課程2年 谷口 理香子

エピゲノムとはDNAの塩基配列は変化せずに、DNAのメチル化などの化学修飾によって後天的に制御される遺伝情報です。私は一酸化窒素によるエピゲノム制御酵素の機能阻害を引き金とした神経変性疾患発症メカニズムの解明を行い、パーキンソン病などの難治性疾患の治療法の確立を目指して研究しています。研究では困難なこともたくさんありますが、まだ世界の誰も知らないことを解き明かそうとしているのだと思うとやりがいを感じます。将来、病気に苦しむ患者さんをより多く救えるような発見をすることを目指して努力していきたいと思います。

卒業生

可能性に向かって突き進んで

京都大学生命科学研究科/薬学部 教授(平成5年卒) 井垣 達吏

私は高校生の頃から研究に憧れを持っていました。将来は医学・生物学に関わる研究をしてみたいという気持ちと、高校では残念ながら生物学を学ぶ機会がなかったという現実から、薬学部への進学を選びました。岡大へ入学後は部活に明け暮れる劣等生になってしまいましたが、3年生の前期に学んだ分子生物学の面白さに打ちのめされてしまい、以来、授業だけでは物足りず自分で教科書を買い漁りながら勉強し始めました。4年生からの研究生活は本当に楽しいものでした。初めての実験データを得た時、この世でこのデータを知っているのは自分だけなんだと思うと興奮して夜も眠れなくなったのを今でも覚えています。岡大で修士課程まで進んだ後、もっとスケールの大きな研究をしてみたいという気持ちから製薬企業の研究所に就職しました。製薬会社では4年間基礎的な研究に従事し、多くのことを学びました。ある日の昼休み、研究所の図書館で論文を読みながら世界の基礎研究のスピードに愕然として、自分の求めているものはアカデミアにあるんだということを思い知らされました。そこで製薬会社を辞めて、大阪大学の大学院博士課程に進み、学位取得後はYale大学へ留学、4年半の(夢のような)アメリカでの研究生活を経て神戸大学で独立する機会を得ました。そして、5年間の神戸での研究生活を経て、1年前に京都に移ってきました。大学院生命科学研究科に所属していますが、学部は薬学部を担当しており、研究室も薬学部にあります。岡大を出た後はずっと医学部を渡り歩いてきたので、ついにふるさとに帰ってきたような、そんな気持ちです。ラボメンバーたちと日々サイエンスを楽しみながら、「細胞競合」と呼ばれる細胞間コミュニケーション機構の解明を目指しています。  振り返ると行ったり来たりしているようにも見えますが、私の中ではずっと同じ方向を向いてきたつもりです。研究をしたい、という気持ちだけです。神経成長因子を発見してノーベル賞を受賞したレーヴィ=モンタルチーニ博士は、サイエンスには「立ちはだかる障害を過小評価する能力」が重要だと言っています。高校生の皆さんには、可能性に溢れた未来に向かってひるまず、自分のハートに従って突き進んでいってほしいと思います。

病気で闘う患者さんを救うためのサイエンス

小野薬品工業株式会社 オンコロジー研究センター(平成25年卒) 奥田 洸作

私は博士号(薬科学)取得後に小野薬品工業株式会社に入社し、がんを対象疾患とする部署であるオンコロジー研究センターで薬理研究員として勤務しています。まず、薬学部進学のきっかけは、高校生の頃にマイコプラズマ肺炎にかかった時に「自分を楽にしてくれた薬が自分の身体にどんな影響を与えたのか」について調べ、薬の作用機序の美しさに感動して創薬に興味を持ったからです。昔から動植物の観察や実験が好きな性格であったこともあり、学部生の頃は「研究者として何か世の中の役に立ちたい」と漠然と考えておりましたが、高度な思考や技術を習得して国際的に影響を与える研究者になるには博士号取得が必要条件であると考え、大学院進学を決めました。その後、新しいがんの発症メカニズムを研究して新薬候補を探した経験を通じ、最先端の新薬開発に携わりたいと感じたため、製薬企業の研究職を志望しました。 薬理研究職は新規治療薬のタネを探索し、どれほどの有効性があるかを検証する仕事です。新薬開発の成功確率は決して高くなく、ほとんどの研究テーマはお蔵入りになります。そのため、失敗しても情熱を保つための忍耐力と経験を次に活かそうとするポジティブ思考が必要とされます。私も業務の難しさや自身の至らなさから挫折しかけることが多々ありましたが、新薬開発を待ち望んでいる患者さんをいち早く救うという大義名分を思い出し、一歩ずつ前進しています。世界中が驚く新薬を創造する過程に携わる刺激的な体験は何にも代えがたいものがあります。 研究室で学んだことが直接業務に役立つことは少ないかも知れません。しかしながら、答えのない問題の解決法を探していく中で養われる論理的思考や実行力は、将来どのような道に進んだとしても一生の財産となります。私も最初は挑戦的な研究テーマをどのように進めていくか苦心しましたが、指導教官のご指導や研究室メンバーとの切磋琢磨のお陰で、成果に結びつけることができました。また、憧れであった製薬企業の研究職に就けたのも、岡山大学薬学部で高度なサイエンスの知識と技術を真面目に学んだ結果と考えています。薬学研究者はサイエンスの楽しさを医療の世界に還元できる素晴らしい職業ですので、進路を迷われている高校生の皆様、また、新薬開発が格好良いと感じている学部生・大学院生の皆様に是非ともお勧めします。

限界は突破するためにある

広島大学大学院医歯薬保健学研究院 教授(平成5年卒) 黒田 照夫

中学3年の3月、第一志望の高校の受験直前に、感染症により入院・手術したため、私は志望高校の受験すらかないませんでした。あと半日手術するのが遅かったら生命さえも危うい状態だったと後で主治医から聞かされました。3カ月の入院中、相当な挫折感を味わいましたが、その時私は「こんなつらい思いをする子供は私で最後にしたい」と子供ながら(!)思いました。そして「感染症を理解したい、微生物の遺伝子の研究がしたい」と考え、岡大薬学部に入学しました。 念願かない、4年生から微生物の研究を始めることができました。初めて見る実験データに感動し、なかなか揃わない数値に悪戦苦闘しながら、博士課程を修了するまで6年間学生としての研究生活を送りました。この間、アメリカへの短期留学もさせていただき、また東京大・分子細胞生物学研究所での研究にも携わることができました。良い先生・研究室の仲間に囲まれて厳しくも楽しい有意義な毎日でした。 その後遺伝子実験施設(現自然生命科学研究支援センター・ゲノム・プロテオーム解析部門)の助手として採用され、薬学部・助手、准教授を経た後、現在は広島大学で抗菌薬耐性機構の解明や新規抗菌薬の開発を目指して研究を行っています。 私が入学した当初、この分野では一つの遺伝子の塩基配列を決めただけで、相当レベルの高い学術誌に論文を発表できていました。時は流れ、今や細菌であれば数日で一遺伝子どころかゲノムの全塩基配列が読めてしまう時代です。しかし微生物の謎は深まるばかりです。そのような中でサイエンスの醍醐味を味わいながら毎日楽しくやっています。

幅広い分野で薬学を活かす

厚生労働省 医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課(平成28年卒) 鈴木 珠季

私が6年制の薬学部を選んだのは、生物や化学が好き、医薬品に興味がある、医療関係の仕事に興味がある、資格を持ちたいといった理由からで、大学入学時は、病院や薬局の薬剤師として働くことを考えていました。しかし、大学で学ぶ中で、薬剤師以外にも製薬企業や公務員など幅広く選択肢があることを知り、周囲からの勧めなどをきっかけに厚生労働省に就職しました。主に薬事や食品の分野に携わる薬系技官として働いています。  これまで、入省後2年間は新薬の承認審査に関わる部署で働き、その後内閣官房に出向し様々な省庁からの出向者とともに日本の成長戦略の策定に関わる業務を行い、そして現在は厚生労働省に戻り、流通する医薬品や医療機器の監視指導などに携わっています。このように約2年ごとに異動があり、医薬品とは関連のない分野を含めて多様な業務を経験します。  薬剤師でなくても薬系技官にはなれますが、医薬品に関する業務において薬学部で学んだ専門知識が活かされるのはもちろん、思わぬところで、理系の基礎的な知識、実習や研究室での経験が役に立つ場面があると感じています。内閣官房で働いていた際は、薬剤師免許を持っていることで、他省庁の職員から認識されたり、薬や医療に係る照会を受ける機会もありました。  おそらくどのような職業であっても、大学で学んだことをそのまますぐに活かせるわけではなく、社会に出てから勉強しなければならないことが多いはずです。そうした中でも薬学部での学びは様々な場で活かせるものだと思います。  岡山大学では薬学科から薬剤師以外の仕事に就く人も多く、将来について広い視野で考えることができました。薬学部で興味のあることを学びながら、専門性にこだわりすぎず柔軟に将来の進路を考えてみてもよいのではないかと思います。

 

自分の可能性を広げる

アステラス製薬株式会社 開発本部 日本アジア臨床開発(平成30年卒) 山﨑 真菜

「目の前にいる人だけでなく、地球の裏側で苦しんでいる人にも薬を届けたい。」そう思い、製薬企業で働くことを選びました。現在は都内で臨床開発職として働いています。臨床開発職は、薬の候補となる化合物について、臨床試験(治験)を通じて有効性と安全性を評価・検証するという、医薬品開発の最終段階を担います。社内ではまだまだ若手ですが、責任ある業務を担当し、周りの助けを得ながら、1日でも早く薬を患者さんに届けられるよう、やりがいを持って日々業務に邁進しています。 薬学部に入学すると、「薬剤師(もしくは研究者)になる」と考えている人が多いと思いますが(私もその内の一人でした)、病院や製薬企業だけでなく、医療機器メーカーや公務員など、患者さんに貢献できる活動の場は様々です。広く世の中に貢献するという意味では、さらに多くの選択肢があります。私の同期でも、自分の信念を貫き動物医薬品や介護の分野に就職した人もいます。 私は大学5年生時の病院・薬局実習を経て、このまま薬剤師として働くことに迷いを感じ、休学を決め、海外留学やバックパッカーを経験しました。この経験が視野や見分を広げ、「世界中の人に貢献したい」という今の会社を選んだ理由にも繋がっています。 岡山大学の薬学部に入学されたら、是非自分のやりたいことに一生懸命取り組んでください。やりたいことが見つからない人、私のように迷っている人も、枠にはまることなく少し回りを見渡せば、興味のあることや自分が本当にやりたいことが見えてくるはずです。学生のやりたいことをサポートする環境が、岡山大学の薬学部には整っています。私が前述のように自由な大学生活を過ごせたのも、教授の方々や大学のサポートがあってのことです。大学生という一生に一度の機会を最大限に生かし、自分の可能性を広げていってください。

 

合理的な薬物治療の実践に向けて基礎科学力を磨こう!!

徳島大学大学院医歯薬学研究部 医学域 医科学部門内科系 臨床薬理学分野 教授 徳島大学病院 薬剤部長(平成9年卒) 石澤 啓介

私は岡山大学を卒業して故郷に戻り、徳島大学病院で7年間、薬剤師として勤務しました。薬剤師は患者さんの病態が刻々と変化する現場に数多く直面し、その都度、安全かつ合理的な薬物療法を選択、提案しなければなりません。そのため薬剤師は論理的思考力を発揮することが非常に大切です。医療はサイエンスに基づき実施されるため、臨床で必要な能力と基礎研究で必要な能力には多くの共通点があります。私は臨床経験を積んだことで基礎研究の重要性と魅力を感じ、その後8年間、基礎研究に没頭する機会を得ることが出来ました。平成26年8月より徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域教授、徳島大学病院薬剤部長を拝命し、臨床・研究・教育に従事する日々を送っています。 薬学生の皆さんには、将来、薬剤師あるいは研究者など数多くのキャリアパスが待っています。しかし人生は一度きりです。いかなる環境に身を置いても最大限の努力を払い、常に自分の足跡を残し続けられるよう心がけて下さい。小さな積み重ねが10年後、20年後の自分に大きなチャンスを与えてくれるでしょう。将来、医療あるいは研究のフィールドで共に働けることを楽しみにしています。

TOP