研究室

腫瘍薬物療法学(須野学)[受験生・一般の方向け]

こんなことを研究しています

がん治療に関わる研究

研究はがん治療における新しい治療法の開発です。がんは死因のトップにあげられます。最近では、治癒する(治る)がんも増えてきていますが、完全に治らないがんは多くあります。私たちは主に再発した際に行われるがん化学療法について研究を行っています。研究は実際の患者さんの臨床検査値や処方等の解析などの疫学的調査を行います。その調査で表れた問題点をラボに持ちかえり、ラットやマウスなどの疾患モデル動物の使用、あるいはがん細胞を用いた実験を行い、病態や薬物の反応機序の解明などを行います。

また、近年は強力な薬物治療が行われ、有害事象(副作用)も複雑化しております。私たちは、研究した結果を用いて、この有害事象をコントロールしやすい対策薬を提案していかなければなりません。この研究を行うことで、がん患者さんの副作用をより軽くし、治療を成功させる手助けになると考えています。

uid000008_201106231753568e973052

教員紹介

uid000008_20110623174315fc956ca1
須野 学
Manabu SUNO
専門分野 臨床薬学

受験生、在学生にひとこと

皆さんが, 薬剤師, すなわち立派な医療人・医療チームの一員として活躍できるようにサポートいたします。 私たちと一緒に患者さんや他の医療スタッフから信頼される『お薬の先生』を目指しましょう。

ホームページへのリンク

研究室ホームページ

研究者の方向けのページ(本サイト内)

ページトップ