研究室

精密有機合成化学(澤田 大介)[研究者の方向け]

主な研究テーマ

・新概念に基づく多段階ワンポット反応の開発と、その合成化学、医薬化学、及びプロセス化学への貢献
・位置選択的なC-H activationによる合成法の開発と効率的な生物活性物質合成への展開
・機能性分子の合成と医療用材料や分子センサへの応用

研究の概要

新概念に基づいた一般性、汎用性の高い多段階ワンポット反応を目指し、その方法論の開発を行い、効率的合成法の新たな分野を切り拓くことを目標とする。そして、その方法を生物活性物質の全合成へと応用する(合成化学への貢献)。さらに、効率的合成の実現によって、種々の、また望みの工程において簡便なコンビナトリアルケミストリーを構築し、化合物ライブラリー合成へ応用する(医薬化学への貢献)。また、工業的スケールへの展開を計ることにより、より低コスト、省エネルギーの化合物合成を実現し、その社会への供給を行う足がかりを作ることを目指している(プロセス化学への貢献)。

位置選択性に焦点をあてたC-H activation反応の開発を行い、全合成へ応用する。すなわち、化合物の合成において骨格形成の段階と官能基導入の段階を分離したルートによる合成法を確立し、より効率的な合成法の確立を目指す。

π電子系分子の合成や物性解明に着目し、優れた発光性や色彩に富んだ分子骨格を新たに創り出し、その機能を探索する研究,並びに,創出した?電子系分子の機能発現を自在にコントロールできる分子技術の構築に向け、実験と理論・計算化学の両面から研究を展開している。これら基礎化学研究を基盤として、医療用材料や分子センサ開発などの応用研究に挑戦している。

最近の主な発表論文

1. Design and Syntheses of Highly Emissive Aminobenzopyrano-xanthene Dyes in the Visible and Far-Red Regions. S. Kamino, M. Murakami, M. Tanioka, Y. Shirasaki, K. Watanabe, J. Horigome, Y. Ooyama, and S. Enomoto, Org. Lett., 2014, 16, 258-261.

2. Synthesis of 2α-heteroarylalkyl active vitamin D3 with therapeutic effect on enhancing bone mineral density in vivo. M. Matsuo, A. Hasegawa, M. Takano, H. Saito, S. Kakuda, T. Chida, K. Takagi, E. Ochiai, K. Horie, Y. Harada, M. Takimoto-Kamimura, K. Takenouchi, D. Sawada, A. Kittaka,  ACS Med. Chem. Lett., 2013, 4, 671-674.

3. New Aminobenzopyranoxanthene-Based Colorimetric Sensor for Cu2+ with Dual-Color Signal Detection System. Y. Shirasaki, S. Kamino, M. Tanioka, K. Watanabe, Y. Takeuchi, S. Komeda, and S. Enomoto,  Chem. Asian J.,  2013, 8, 2609-2613.

4. A Red-Emissive aminobenzopyrano-xanthene Dye: Elucidation of Fluorescence Emission Mechanism in Solution and Aggregate State. S. Kamino, A. Muranaka, M. Murakami, A. Tatsumi, N. Nagaoka, Y. Shirasaki, K. Watanabe, K. Yoshida, J. Horigome, S. Komeda, M. Uchiyama, and S. Enomoto, Phys. Chem. Chem. Phys.,  2013, 15, 2131-2140.

5. A Multivalent Probe for AI-2 Quorum-Sensing Receptors. A. L. Garner, J. Park, J. S. Zakhari, C. A. Lowery, A. K. Struss, D. Sawada, G. F. Kaufmann, and K. D. Janda, J. Am. Chem. Soc., 2011, 133, 15934-15937.

6.  New C15-Substituted Active Vitamin D3. K. Shindo, G. Kumagai, M. Takano, D. Sawada, N. Saito, H. Saito, S. Kakuda, K. Takagi, E. Ochiai, K. Horie, M. Takimoto-Kamimura, S. Ishizuka, K. Takenouchi, A. Kittaka, Org. Lett.,  2011, 13, 2852-2855.

7.  Development of 14-epi-19-Nortachysterol and Its Unprecedented Binding Configuration for the Human Vitamin D Receptor. D. Sawada, Y. Tsukuda, H. Saito, S. Kakuda, M. Takimoto-Kamimura, E. Ochiai, K. Takenouchi, and A. Kittaka, J. Am. Chem. Soc.,  2011, 133, 7215-7221.

8.  A New Class of Rhodamine Luminophores: Design, Syntheses and Aggregation-Induced Emission Enhancement. S. Kamino, Y. Horio, A. Tatsumi, S. Komeda, J. Horigome, K. Minoura, H. Ichikawa, T. Yamaguchi, Y. Usami, S. Hirota, S. Enomoto, Y. Fujita, Chem. Commun.,  2010, 46, 2013-2015 .

教員紹介

 
澤田 大介
Daisuke SAWADA
専門分野 有機合成化学
所属学会 日本薬学会、有機合成化学協会

ホームページへのリンク

研究室ホームページ

ページトップ