研究室

合成薬品製造学(竹内 靖雄、西岡 弘美)[受験生・一般の方向け]

こんなことを研究しています

現在使用されている医薬品のうち、人の手が加えられた合成医薬品が70%を占めています。このことからも、有機合成化学が創薬の分野で大きな役割を果たしていることは明らかでしょう。

マラリア、がん、HIVなど、人類にとって脅威となる病はたくさんあります。これまで臨床的には植物や菌類から発見された化合物が使われてきています。しかし、効果が段々と薄れてきたり、量を確保できなかったり、高価な薬となっていたり、改善の余地はまだ残されています。

そこで、私たちはこれまでの既存の薬を安価で簡単に且つ大量に合成する方法を開発したり、または化学的に変換して、さらに効果の高い薬を作り出したりすることを目的に研究を行なっています。

さらに、本研究室では有機化学をベースに新しい薬を創りだすためのドラッグデザインを行ない、そのために必要な化学変換について研究しています。

uid000006_2010071220074260120693

教員紹介

uid000006_2010071220074728d66a76
竹内 靖雄
Yasuo Takeuchi
専門分野 合成薬品製造学
uid000006_201007122007549a8a8606
西岡 弘美
Hiromi Nishioka
専門分野 合成薬品製造学

受験生、在学生にひとこと

自分の手でモノをつくりだす感動を味わうことのできる研究室です。

ホームページへのリンク

研究室ホームページ

研究者の方向けのページ(本サイト内)

ページトップ