研究室

生体機能分析学[受験生・一般の方向け]

こんなことを研究しています

わたしたちの研究室では、「分子イメージング研究」を行っています。分子イメージングとはこれまで見えなかった体内での分子や物質の動きを見えるようにする技術で、わが国でも国家的なプロジェクトとしてその研究が推進されています。分子イメージング技術は、病気の診断や新薬の開発などへ大きく貢献することが期待されていますが、人間の体内では、多くの分子や物質が互いに関連しあい、生命活動を行っているため、多くの生体関連分子の体内での動きを同時にイメージング(見る)し、その関連性を解明することができれば、医学や医療を更に発展させることになります。しかし、このような多くの分子を同時に可視化できる技術はありませんでした。わたしたちは、この難題に挑戦を続け、世界で初めて「複数分子同時イメージング装置GREI」の開発に成功しました。わたしたちは、これら装置開発に加え、分子プローブ生体機能の解明・探索を可能とする、あるいは特定の分子を目で見る(可視化する)ことができる分子の総称です。分子の局在や動態を蛍光や放射線などを発生する部分を分子内に組み込みこむことで、標的となる分子、組織、細胞、さらにはタンパク質などを観察することが出来ます。といわれる薬剤開発も行っています。現在、がんや炎症、糖尿病、動脈硬化などといった様々な病気を早期診断できる分子プローブの創薬研究も行っています。わたしたちの開発した機器や薬剤が医療現場で実際に活用され、国民の生活や健康を支える礎になりたいと日夜研究をしています。

uid000006_20100721125222ad4b584f

教員紹介

uid000006_20100721125230aa9a6365
榎本 秀一
Shuichi ENOMOTO
専門分野 代謝生理学・核薬学・分析化学・加速器科学
所属学会 日本薬学会、日本化学会、日本分析化学会、日本栄養食糧学会、日本微量元素学会、日本核医学会、日本分子イメージング学会、 微量栄養素学会、マルチトレーサー研究会
uid000006_2010072112523560882ba7
御舩 正樹
Masaki MIFUNE
専門分野 薬品分析学

受験生、在学生にひとこと

わたしたちは、向学心と探求心にあふれたフレッシュな諸君を待っています。さあ、いっしょに面白いScience をやり、世界のトップを目指しましょう!

ホームページへのリンク

研究室ホームページ

研究者の方向けのページ(本サイト内)

ページトップ