研究室

生体物理化学(須藤 雄気)[受験生・一般の方向け]

こんなことを研究しています

海岸線から昇る朝日で目を覚まし、国道沿いに咲き誇る草花にみとれながら学校(職場)に向かい、部活(職場)帰りに見える夕日に明日への希望を感じ、夜空に打ち上がる花火の美しさに感動する。私達の生活において、『光』は無くてはならないものの一つです。生体物理化学研究室では、生物が持つ光を吸収するもの(光受容分子と言います)について研究しています(=光生物学)。また、光を使って、光受容分子をはじめとしたタンパク質や化合物の形とその変化を調べています(=物理化学、分光学)。最近では、光を使って様々な生命現象を操作する試み(=光遺伝学)も行っています。光は、極めて広範囲の学問分野を貫くキーワードです。したがって、私達の研究は、薬学のみならず広く生命科学全般の基礎をなすものであると信じ、日々精進しています。

教員紹介

sudo
須藤 雄気
Yuhki SUDO
専門分野 生物物理化学
inoue
井上 剛
Tsuyoshi INOUE
専門分野 神経生物物理化学

受験生、在学生にひとこと

セレンディピティーという言葉があります。「犬も歩けば棒に当たる」と理解されている方もいらっしゃるかも知れませんが、私は「歩かない犬は棒にも当たらない」という意味で解釈しています。薬学部では、生物、化学、物理学など、ほとんど全ての生命科学分野を一通り学びます。そこで学んだ知識や経験をもとに、サイエンスという無限の荒野を歩き回れば、必ず棒に当たります。さあ、棒探しの旅にでましょう!

ホームページへのリンク

研究者の方向けのページ(本サイト内)

ページトップ