教育

教育目標・教育方針(創薬科学科)

創薬科学科

研究者のための4 年制コース

education_target_souyaku01生命の仕組みと病気の原因を解明し、薬を創る研究者を養成するための4年制のコースです。6年制コースと異なる点は、これまでは大学院で行っていたような高度な教育内容を学び、研究者としての基盤を作ることにあります。その代わり、薬剤師となるための実務実習および薬剤師業務に関する講義・実習がありません(参考図A参照)。特に、生命科学とその研究手法について深くかつ広範に学びます。そのため選択科目と研究のための時間を大幅に増やします。本コースでは、4年次に卒業論文研究を行います。学部卒業後は、大学院博士前期課程(2年)さらに博士後期課程(3年)へ進学することができます。それぞれの課程を修了することにより修士号、博士号の学位を得ることができます。学位取得後は、高度な専門性をもち研究能力に富む研究者として広く社会で活躍することが期待されます。国内・国外を問わず、製薬企業・大学などの研究職あるいは研究にかかわる職業への道が開かれます。本コースの卒業生には薬剤師国家試験の受験資格はありません。しかしながら、博士課程(前期・後期)に進学した上で、6年制コースの薬剤師業務に関する講義を受講し、実務実習を履修することで受験資格を与えられる場合があります。

uid000006_20100714202558a562c56e

education_target_souyaku02

ページトップ