研究プロジェクト

感染症研究国際展開戦略プログラム

インド研究拠点の設置

  インド2 国内外で発生する新興・再興感染症に対して迅速に対応するため、2005年度に文部科学省によって「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」が立ち上げられ、国内の8大学及び2研究機関がアジア・アフリカ地域に研究拠点を設置し、現地研究者との共同研究及び現地での人材育成を目的とした事業を開始しました。岡山大学はインド コルカタ市にあるNational Institute of Cholera & Enteric Diseases(NICED)内に岡山大学インド感染症共同研究センター(インド研究拠点)を設置しました。さらに、2010年度開始の「感染症研究国際ネットワーク推進プログラム」では海外研究拠点のネットワーク化が進められました。そして2015年度には、世界各国で蔓延する感染症の制御に資する基礎研究、医薬品や診断技術の開発研究、高度専門人材の育成を目的とした「感染症研究国際展開戦略プログラム」に継続されました。
   現在は、海外9カ国に海外研究拠点が設置されており、国内の9大学が責任機関となり各々の拠点を運営しています。

コルカタ市とNICED

   コルカタ市はインド東部に位置し、国際空港やコルカタ港を有する東インド経済の中心地です。また、この地域は1,500 万人が暮らす世界でも有数の人口過密地域です。しかし、ガンジス川のデルタ地帯に位置するため、雨季になると低地部はたびたび水害を受け、衛生状態は必ずしも良いとは言えません。加えて、高温多湿な亜熱帯気候であるため、感染症が頻繁に流行しており、特にコレラ等の下痢症が多発しています。1992 年にはNICEDの研究者や竹田美文教授(前拠点長)らにより、新種のコレラ菌が初めて発見されました。
 NICED には日本政府の技術協力プロジェクトにより充実した施設と研究機材が備わっています。インド研究拠点の研究者はこれらの設備を使用して、共同で研究を行っています。

インド3インド4











インド5

活動内容

インド6   インド研究拠点では、35種類を超える下痢症原因微生物の検査体制を確立し、NICEDに併設の感染症病院等、インド各地の病院で下痢症の積極的動向調査を行っています。さらにはインドで多発しているコレラや赤痢等の下痢症制御のため、安価なワクチンの開発、微生物の環境適応、変異と病原性、及び薬剤耐性機構に関する研究等、現地の研究者と日々共同研究を行っています。また、医療系学生の短期学生実習の受け入れも行っており、現地で取り組んでいる実験の実施、公衆衛生上の問題点や日本では稀な感染症に直に接することができる機会の提供を通して、国際的及び感染症専門的な人材育成に取り組んでいます。

インド研究拠点の詳細はこちらです。

 

ページトップ