医歯薬学総合研究科(博士前期・博士後期課程)

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(博士前期・後期課程)は,学部4年制課程を修了し,サイエンスを基盤とする「創薬」のプロフェッショナルを目指す研究者を育成するための高度教育・研究機関です。薬学を究めたスタッフが,全力で教育・研究への情熱を注ぎ,「創薬」という夢への挑戦をサポートします。社会の膨れ上がる「創薬」への期待に的確に答えるためには,本研究科での学びが礎となると確信しています。

本研究科では,以下に示した3つの方針(ポリシー)に基づき,それぞれの理念と目的に対応した教育・研究活動を行います。

アドミッションポリシー

求める学生像

大学院医歯薬学総合研究科薬科学専攻(博士前期・後期課程)では,次のような学生を求めます。

  1. 最先端の研究動向を把握し,地域から国際社会まで幅広く普遍的に貢献する研究を志す人
  2. 医・歯・薬学の専門的知識を統合した学際的研究を志す人
  3. 世界をリードする先端的・独創的研究を推進し,研究成果を発信する人
  4. 高度で幅広い知識を修得し,科学の進歩に適応しうる問題解決能力を涵養する人
  5. 入学後は、薬学研究者に求められる高度な専門知識や研究遂行能力を積極的かつ主体的に学ぶ人

学習しておくべき知識の内容・基準

ア 博士前期課程

研究を遂行する上で必要とされる学部卒業程度の創薬に関連する科学的基礎学力

専門の英語論文を読解するために必要な英語能力

イ 博士後期課程

研究を遂行する上で必要とされる創薬に関連する科学的基礎学力に加えて,専門研究分野に関する専門的な知識と実験技術

英語論文作成や国内外での研究発表や討論に必要な英語能力

入学者選抜の基本方針

ア 博士前期課程

筆記試験と外部英語試験及び面接により評価を行います。筆記試験では,創薬に関連する科学的基礎学力の理解力を評価します。英語能力については,外部英語試験の成績により評価します。あわせて,出願書類や面接により課題解決能力や主体的に学ぶ態度について総合的な判断を行います。外国人留学生特別入試における面接においては,研究を遂行する上で必要とされる日本語能力についても評価を行います。

イ 博士後期課程

口頭試験と外部英語試験および出願書類により評価を行います。口頭試験では,志望する教育研究分野の専門科目により,専門研究分野に関する知識および理解力について評価を行うとともに,出願書類とあわせて研究を遂行する上で必要とされる課題解決能力や主体的に学ぶ態度について総合的な判断を行います。英語能力については,外部英語試験の成績により評価します。

学力の3要素対応表

ディプロマポリシー

大学院医歯薬学総合研究科 薬科学専攻(博士前期・後期課程)では,創薬を中心とする薬学及び関連分野を先導し,広く人類の健康に貢献する国際水準の研究と教育を推進しています。これらの研究・教育活動を通じて,深い学識と高度な専門性,さらには,社会をリードする行動力と自ら成長し続ける意欲を備えた研究者や高度専門職業人を育成し,社会の要請に応えます。そのため,以下の資質・能力を身に付けることを求めます。

・ 専門性

薬学に関する幅広い専門知識と技能

・ 情報収集・活用力

薬学に関連する幅広い領域の情報を自ら適切に収集・分析し,適切に活用・情報発信する力

・ 行動力

薬学のグローバル化に対応した国際感覚,コミュニケーション能力,そして,社会をリードする行動力

・ 自己実現力

薬学の発展に寄与するため,生涯に亘って自己の成長を追求し,高い学習意欲を持ち続け研鑽を積む力

博士前期課程では,上記の資質・能力に加え,与えられた研究課題を適切に解決できる基本的な研究遂行能力を身に付けるとともに,所定の単位を修得し,学位論文にまとめた研究成果が学位授与の水準を満たした者に修士の学位を授与します。

博士後期課程では,上記の資質・能力に加え,薬学及び関連分野を先導する知のプロフェッショナルにふさわしい世界水準の広い学識と,研究課題を自ら設定し,自立して研究を遂行できる研究者としての高度な研究能力を身に付けるとともに,所定の単位を修得し,学位論文にまとめた研究成果が学位授与の水準を満たした者に博士の学位を授与します。

カリキュラムポリシー

大学院医歯薬学総合研究科 薬科学専攻(博士前期・後期課程)では,ディプロマ・ポリシーを実現するために以下の教育カリキュラムを編成しています。

・ 博士前期課程

編成方針と教育・学習方法

博士前期課程では,創薬研究や関連行政に従事する人材の養成を目指しています。

・コースワークでは,大学院レベルの教養教育科目に位置づけられる「先端薬学特論」を初年次に学びます。この科目は,薬学・生命科学領域の第一線で活躍中の研究者によるオムニバス講義であり,広範かつ先端的な知識を修得するとともにリサーチ・マインドを涵養します。その後,物理・化学・生物・生命科学系の専門科目5科目の中から,学生の専門性に応じて2科目を選択履修することで,薬学研究に関する専門的な知識や情報を体系的に修得し,リサーチワークに生かします。学際的な専門分野にも対応するため,他専攻の相互履修科目を履修することも可能です。

・リサーチワークを行う上で,学生は各年次の始めに研究計画を自身で立てて指導教員に提出し,指導教員はそれに基づいて研究指導計画書を作成して学生に交付することで,研究指導計画を共有してリサーチワークを進めます。リサーチワークの研究指導科目として,情報収集・計画立案・研究の実施と記録を行う実習科目と,自身の研究過程・成果および研究課題に関連する論文報告について論理的・批判的に検証・考察して発表する演習科目を設けています。実習科目として1年次に「薬科学特別研究」,2年次に「薬科学特別応用研究」,演習科目として1年次に「薬科学セミナー」,2年次に「薬科学応用セミナー」を履修することで,研究に必要な専門知識と技能,および情報収集・活用力を順序だてて獲得し,高めることができます。さらに,国際学会での発表を推奨する授業科目も設け,国内外での学会発表と質疑応答を通じて,国際性とコミュニケーション能力及び行動力を養います。これらすべての授業科目を通じて,研究遂行・課題解決・成果発表に関する基本的な能力を育み,目標とする自己実現に繋げます。

学習成果の評価方針

規定数以上の単位修得と,リサーチワークに基づく研究成果を纏めた学位論文の審査と最終試験によって学習成果を評価します。

その他

学務委員会を中心として、教育方法の継続的な改善に取り組んでいます。

・ 博士後期課程

編成方針と教育・学習方法

博士後期課程では,指導的立場で薬学研究を実践できる研究者の養成を目指しています。

・コースワークでは,大学院レベルの教養教育科目に位置づけられる「研究方法論」を初年次から学び,リサーチワークを進めるために必要不可欠な知識と技能を習得します。多様な学問領域に関心を持てるよう,学内で開催される講演会を研究方法論の授業とみなすこともあります。その後,物理・化学・生物・生命科学・レギュラトリーサイエンス系の専門科目28科目の中から3科目を選択履修することで,自身の専門分野のみに捉われない,薬学研究に関する専門的で先端的かつ学際的な知識・情報を体系的に修得し,リサーチワークに生かします。専門性に応じて,他専攻所属の兼担教員の提供する授業科目や,他機関と共同で設置された連携大学院科目を履修することも可能です。

・リサーチワークを行う上で,学生は指導教員との議論を通じて薬学及び関連分野での先端的かつ独創的な研究課題を設定し,各年次の始めに研究計画を自身で立てて指導教員に提出し,指導教員はそれに基づいて研究指導計画書を作成して学生に交付することで,研究指導計画を共有してリサーチワークを進めます。リサーチワークの研究指導科目として,情報収集・計画立案・研究の実施と記録を行う実習科目(「課題研究」)と,自身の研究過程・成果および研究課題に関連する論文報告について論理的・批判的に検証・考察して発表する演習科目を設けています。演習科目では,自身の所属する教育研究分野が提供する演習科目を必修科目として,所属外の教育研究分野が提供する演習科目を選択科目として履修することで,多様な観点からの批判的思考力や創造性,課題解決能力の育成と伸長を図ります。また,学位審査のためには英語原著論文の執筆が必要であることから,研究の中間段階において「薬科学英語演習」を履修することで、英語原著論文の執筆に必要な情報収集・論理的考察・批判的思考力を涵養します。それに加えて,国際学会での発表を推奨する授業科目も設け,国内外での学会発表と質疑応答を通じて,国際性とコミュニケーション能力及び行動力を養います。これらすべての授業科目を通じて,知のプロフェッショナルとしての自立した研究者が備えるべき課題探究・研究の立案と遂行・課題解決・成果発表に関する高度な能力を育み,目標とする自己実現に繋げます。

学習成果の評価方針

規定数以上の単位修得と,リサーチワークに基づく研究成果を纏めた学位論文の審査と最終試験によって学習成果を評価します。

その他

学務委員会を中心として、教育方法の継続的な改善に取り組んでいます。

TOP