主な研究テーマ

現在、以下の臨床研究(①は未病者、②は患者またはヒト検体を対象)を行っています。

① 生活習慣病前駆域から正常域への回帰に有益な介入と応答集団の特性評価

  1. 食品中機能性成分による食後血糖上昇抑制およびその解析法の開発と応答集団の特性評価(研1710-024
  2. 非薬物的介入による血圧抑制およびその解析法の開発と応答集団の特性評価に関する研究(臨2011-001


② 薬物治療の個別適正化に関するエビデンス構築

  1. バイオマーカーを利用した抗癲癇薬体内動態予測に関する研究
  2. 睡眠改善薬の血中濃度測定法の開発と臨床応用に向けた研究
  3. 肺癌組織における薬物動制御分子の発現と患者予後の関連性に関する研究(研1712-025
  4. 腎癌組織における薬物動制御分子の発現と患者予後の関連性に関する研究(研1802-033
  5. PCI施行患者における遺伝子情報を用いた抗血小板薬適正使用に関する臨床研究(共同研究)

 

研究の概要

当研究室では、個別化をキーワードとして4つのレベルの臨床研究を行っています。

  1. ヒト血漿などを用いて薬物血中濃度測定や薬物体内動態予測を行うための基礎研究(②-1,2
  2. 患者の切除癌組織での薬物代謝酵素・トランスポーター発現解析と患者予後に関する観察研究(②-3,4
  3. 保険診療下の患者における抗血小板薬の使用適正化に関する観察研究(②-5
  4. 生活習慣病を基盤とする脳心血管イベントリスクの低減を指向した介入研究(①-1,2)。

 

最近の主な発表論文

  1. Saito YNishi TWakabayashi SOhno YKitahara HAriyoshi N,Kobayashi Differential Impact of Clinical and Genetic Factors on High Platelet Reactivity in Coronary Artery Disease Patients Treated with Clopidogrel and Prasugrel. J Atheroscler Thromb., in press
  2. Watari S, Araki M, Matsumoto J, et al., Ariyoshi N, Wada J, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y. Drug Metab Pharmacokinet., in press
  3. Matsumoto J, Kotera Y, Watari S, Takeuchi K, Ueki H, Koyama T, Wada K, Fujiyoshi M, Nasu Y, Ariyoshi N. Relevance of CYP3A5 expression on the clinical outcome of patients with renal cell carcinoma. Anticancer Res., in press
  4. Saito YNishi TWakabayashi SOhno YKitahara HAriyoshi NKobayashi Validation of the ABCD-GENE score to identify high platelet reactivity in east Asian patients undergoing percutaneous coronary intervention. Int J Cardiol, 327: 15-18 (2021)
  5. Matsumoto J, San SN, Fujiyoshi M, Kawauchi A, Chiba N, Tagai R, Sanbe R, Yanaka S, Sakaue H, Kato Y, Nakamura H, Yamada H, Ariyoshi N. Effect of CYP3A5*3 genetic variant on the metabolism of direct-acting antivirals in vitro: a different effect on asunaprevir versus daclatasvir and beclabuvir. J Hum Genet, 65 (2): 143-53 (2020)
  6. Yamazaki K, Ariyoshi N, Miyauchi H, Ohira G, Kaneya N, Yamamoto K, Arai K, Yamazaki S, Matsubara H, Suzuki T, Ishii I. A randomized controlled, open-label early phase II trial comparing incidence of FOLFIRI.3-induced diarrhea between Hangeshashinto and oral alkalization in Japanese patients with colorectal cancer. J Clin Pharm Ther, 44(6), 946-951 (2019)
  7. San SN, Matsumoto J, Saito Y, Koike M, Sakaue H, Kato Y, Fujiyoshi M, Ariyoshi N, Yamada H. Minor contribution of CYP3A5 to the metabolism of hepatitis C protease inhibitor paritaprevir in vitro. Xenobiotica, 49(8), 935-944(2019)

教員紹介

  • 有吉 範高/Noritaka ARIYOSHI
    専門分野:個別化医療、薬理遺伝学、衛生化学、薬物代謝学
    所属学会:日本薬学会、日本医療薬学会、日本薬物動態学会、国際個別化医療学会など
  • 藤吉 正哉/Masachika FUJIYOSHI
    専門分野:薬物動態学
    所属学会:日本薬学会、日本医療薬学会、日本薬剤学会
  • 松本 准/Jun MATSUMOTO
    専門分野:薬理遺伝学、分子生物学、薬物動態学
    所属学会:日本薬学会、日本医療薬学会、日本癌学会、日本薬物動態学会

ホームページへのリンク

研究室ホームページ

TOP