研究室

精密有機合成化学(澤田 大介)[受験生・一般の方向け]

こんなことを研究しています

昨今の有機合成化学の進歩は目覚ましく、いろいろな反応が開発され、多くの化合物が化学合成可能となっています。しかしながら、個々の反応や合成法を目的物の収率ばかりではなく、反応から産み出される副生成物の量を考慮した全体の効率を考えると、必ずしも優れたものばかりではなく、むしろ改善するべき点も多く見られます。この研究室では、「地球に優しい」環境に調和する有機合成化学を目指し、新しい概念、方法論から副生成物を減らした効率的な多段階ワンポット反応を基とした合成化学の開発を行いたいと考えています。

また有機合成化学は、世の中を変える画期的な物質を創り出す可能性をもつ一方、物質の化学構造や物性の解析・解明には、物理化学的な知識や技術が必要です。私たちは、これら有機合成化学と物理化学の力を融合させ、優れた発光性や色彩の機能に富んだ有機分子を創り出し、その機能を活用した医療用材料や薬剤への応用に向けた研究にも挑戦しています。

教員紹介

 
澤田 大介
Daisuke SAWADA
専門分野 有機合成化学

受験生、在学生にひとこと

研究とは一つの自己表現の場であると考えています。学者が自らの研究成果について論文を発表することは、例えば作家が小説を発表することに通じるものがあり、自らの信念と創造を世に訴えることであると思っています。そして、論文で世界に何かを訴えるとき、また、そこに至る過程には、何事にも代え難い興奮があります。研究を通じて学生とその興奮を共有し、共に夢の実現に向けて世界に信念を訴えて行きたいと思っています。

ホームページへのリンク

研究室ホームページ

研究者の方向けのページ(本サイト内)

ページトップ