教育

教育目標・教育方針

基礎から実践へ。改革により、さらに特化する専門性。

education_target_01薬学は薬の成り立ち・使い方・作り方に関する総合科学です。薬は、病気を治療し、健康を増進する有益な作用をもたらす化学物質です。薬学部では、生命の仕組みや病気の原因を分子のレベルで解明し、新しい薬を開発し使うための最先端の科学を総合的に学びます。薬学を学ぶ諸君は将来、人命に関わる医薬品を責任もって取り扱うことになります。そのために、化学物質と生命との相互作用を深く学習し、適切な判断ができるだけの十分な知識を得ておくことが必要です。学習の範囲は、薬の化学、生体及び生体成分の構造と機能、病気と病態、創薬、医薬品の使い方、有効性と安全性、保健衛生、薬に関する法律など広範です。薬を作り、薬品を使うために大いに勉強をしていただきます。

医療の一翼を担う「薬剤師」には、薬学の知識を国民の健康確保のために最大限に活用するという社会的使命があります。さらに、新しい医薬品や医療技術を創製するために、先端科学技術を絶えず学び、応用する力を養わねばなりません。

ページトップ