令和5年度より岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(薬学系)博士前期課程・博士後期課程で学位プログラムがスタートします。
履修モデルはこちら


授業科目 担当教員一覧

博士前期課程における授業科目,担当教員一覧です。修了までに必要な単位数もこちらで確認することができます。

薬科学概論(必修)

研究倫理教育,情報セキュリティ,薬科学学位プログラム概要に関する授業です。
シラバスに掲載されている内容を確認し,受講してください。履修登録が必要です。
出席はシャトルカードによります。各項目受講後に【指導教員】のサインをもらった後,薬学部教務学生担当まで提出してください。
連携大学院学生はオンデマンドで受講できます。出席は指導教員に許可を得た上,出席した旨をメールで薬学部教務学生担当まで送付してください。

【現在の予定】講義室:中講義室(オンデマンド対応)
・4/2(日) 9時30分~薬科学学位プログラムの概要1(オリエンテーションにて)
・4/2(日) 9時30分~薬科学学位プログラムの概要2(オリエンテーションにて)
・4/6(木) 8時40分~10時10分  知財教育セミナー
・4/6(木) 10時25分~11時55分 廃液処理や化学物質の安全取り扱いに関する講義

【以下は受講後に指導教員のサインをもらうこと】
・研究室で研究活動を実施する上での規則について受講
・研究倫理(メディア授業)※例年10月頃に案内
・情報セキュリティ(メディア授業)※オリエンテーションで案内
【以下の項目から1コマ以上を選択履修し,受講後に指導教員のサインをもらうこと】
・組換えDNA実験安全取扱に関する教育訓練

・動物実験教育訓練
・放射線業務従事者教育訓練
・臨床研究講習会
・その他、学務委員会で認められたもの

創薬・育薬特別実習(プラクティカム)(必修)

社会実践型インターンシップに参加し,所定の様式により申請,承認されることで単位を取得できます。1単位あたり1機関で30時間程度の在外実習を原則とします。
なお社会人学生は日々の本務を,連携大学院学生は日々の活動を,海外からの留学生は大学内での異分野での活動を社会実践として認めます。

社会実践として認められるもの(例)
・全学が主催するジョブ型インターンシップへの参加
・学務委員会と企業が連携した社会実践型インターンシップ
・公的研究機関が実施する研究インターンシップや技術指導
・他大学との共同研究における他大学での実地指導

インターンシップの開催時期,申請方法等は随時案内しますので,希望者は指導教員と相談の上で履修してください。履修登録は不要です。

創薬・育薬特別演習(必修)

各研究分野で実施される研究,セミナー等の研究指導を受け,評価の上,単位を取得できます。 所属する研究分野の科目は必ず取得してください。履修登録は不要です。
加えて他研究分野の当該科目を合計2つ選択して取得することもできますが、この場合は履修登録が必要です。博士課程で開講される薬学演習を履修することも可能です。

薬科学研究発表演習(研究基礎力審査)(必修)

学位を授与される上で研究基礎力を審査するため,中間で審査を実施します。在学中,学位審査までの間に1回審査を受ける必要があります。履修登録は不要です。

【審査を受ける時期】
入学後1年を経過してから審査を受けることを推奨します。学位審査までに審査を受ける必要があるので,注意してください。
【審査日程】
博士課程・博士後期課程予備審査発表会に合わせ開催(年2回)されます。審査を受ける場合は指導教員とよく相談の上で申請してください。
【申請方法】
指導教員と相談のうえ,所定の期間内に,薬学系事務室教務学生担当に,発表要旨・コメンテーター希望届(様式1)を提出してください。
(詳細は申請要項をご覧ください。)

2023年度 薬科学研究発表演習(研究基礎力審査)申請要項

最先端創薬・育薬特論(必修)

博士前期課程開講の創薬・育薬研究概論で開講される各分野が招聘する著名な研究者の講演を受講します。修了までに合計8コマ受講すれば単位が認定されます。
(年間5コマ程度開講予定)。ホームページに掲載されるスケジュールを確認して受講してください。
出席カードはホームページよりダウンロードし,受講後はコーディネーターのサインをもらってください。連携大学院学生,社会人学生はオンデマンドで受講できます。履修登録は不要です。
早期修了を目指す学生は,過去の講演ライブラリによる受講も可能です。

出席カードはこちら      2023年度入学生科目「最先端創薬・育薬特論」(博士後期課程)授業日程計画(11月21日更新)

研究方法論基礎・応用(選択)

各分野教員による最新の研究紹介を含めた授業です。 修了までに基礎・応用それぞれコマ受講すれば単位が 認定されます。(年間各10コマ程度開講予定)
ホームページに掲載されるスケジュールを確認して受講してください。出席カードはホームページよりダウンロードし,受講後は コーディネーターのサインをもらってください。履修登録は不要です。
連携大学院学生,社会人学生はオンデマンドで受講できます。早期修了を目指す学生は,過去の講演ライブラリによる受講も可能です。

研究方法論(基礎・応用)日程表出席カード  履修方法(moodle)

博士課程の研究方法論を2題目まで履修可能です。希望者は誓約書を在学中に1回のみ教務に提出のうえ受講してください。
 誓約書はこちら 知的財産について
履修方法は医歯薬学総合研究科ホームページ【授業に関する情報】専攻共通科目 研究方法論基礎/応用を参照ください。

各研究分野による講義(選択)

各分野毎の専門科目講義です。履修希望者は授業担当教員に履修希望を伝えるとともに履修登録が必要です。日程は各指導教員により通知されます。

先端創薬研究は履修登録のみで履修可能です。シラバスに掲載されている予定を確認し,受講してください。

グローバル・プレゼンテーションⅠ・Ⅱ(選択)

「グローバル・プレゼンテーション」は,学会発表の時間及び事前準備,事後報告等の時間を含め,45時間の学修をもって1単位とすることを基準とします。
修了要件に含む単位としては2単位(グローバル・プレゼンテーション1又はグローバル・プレゼンテーション2のいずれか一方で2単位も可)を上限としますが,単位修得に上限は設定せず繰り返し修得(上限2単位を超える場合は要件外)が可能です。履修登録は不要です。

(対象とする国際学会)
単位認定の対象となる国際学会は,大学院学生を対象とした「岡山大学研究奨励金に関する内規」における「学長が別に定める学会等一覧表」によるものとし,会期の長さ,開催地
及び主催者は考慮しません。なお,これ以外に,本研究科において適切と判断した国際学会を対象とすることがあります。

(対象とする発表等)
単位認定の対象とする発表等は,以下の基準に基づくものとし,英語での発表を原則とします。
1 口頭発表及びポスター発表のいずれも対象とする。
2 学生本人が発表した場合に限る。

認定を希望する学生は,「グローバル・プレゼンテーション」単位認定申請書に学会等での発表を確認できる証拠書類を添え,教務学生担当に提出してください。
申請書はこちら

 

TOP